​鍼灸治療についてのご質問

​Q1:鍼治療は初めてで正直不安です。

 

鍼は痛いのでしょうか?

chiryou_hari.png

​A1:鍼灸治療を初めて受けられる方に特に多いご質問だと思います。

当院で使用する鍼は髪の毛ほどの細さであり​、加えて当院独自の痛みの少ない鍼の入れ方をしますので痛みはほとんど感じません。

​もしそれでも痛みや不安を感じる場合があればお伝えください。​誠意をもって対応させていただきます。

​Q2:世間には鍼の使いまわしをする治療院があり、肝炎ウイルスなどに感染する恐れがあると聞きました。

​ 

​そのようなことはあるのでしょうか?

​A2:ご安心ください。当院で使用する鍼はすべて滅菌済み安全な使い捨ての鍼を使用いたします。​

当然ウィルス感染など起きないように衛生面に配慮していますので、安心して施術を受けられます。

​Q3:鍼灸治療はどんな症状に効くのですか?​

A3:WHO(世界保健機関)にて認定された各疾患に効果があると認められています。

神経系、消化器系、果ては婦人科系、泌尿器系まで幅広い疾患に効果があります。

​当院には特に肩こり、腰痛などの運動器疾患を訴える方も多くいらっしゃいます。

​Q4:お灸は熱いのでしょうか?またやけどをすることはあるのでしょうか?

A4:​お身体の具合によって熱の感じにくさのある場合、温熱の強度を変えることはあります。

ですが、やけどするほどの熱を加えることはございません。

熱がほのかに感じられ、あったかくて気持ちよいくらいが目安です。

あまりの心地よさに眠ってしまうかたもいらっしゃいます。

もしそれでも熱く感じられる方はお伝えください。

​Q5:鍼とお灸の効果の違いなどはありますか?

A5:​どちらもお身体に刺激を与えることによって自然治癒力を活性化させることに違いはありません。

 

​ですが、鍼は機械的刺激、灸は温熱刺激という刺激の種類が異なります。

患者様の状態にもよりますが、鍼はぎっくり腰など急な症状、

 

灸は冷えなどが原因によるおなかの調子が悪いなど内臓の症状に​よく効く傾向があります。

​Q6:鍼灸治療を受けた後、気を付けることはありますか?

A6:​治療を受けた直後は、自律神経の一つである副交感神経が活発になりリラックスした状態になります。

筋肉や内臓においても、体を休ませようとする方向に状態が変化していくので激しい運動などは控えたほうが良いでしょう。

 

血流改善によってお酒が回りやすくなるため、過度なアルコールの摂取なども控えたほうが良いと思われます。

特に刺激に敏感な方は、好転反応と呼ばれる重だるさを中心とした違和感を感じる方もいらっしゃいます。

普段よりも少し多めに水分をとり、横になって休まれるといいでしょう。

入浴なども治療効果を高めるのに効果的です。血流が良くなっているのでのぼせない程度に入れると良いですね。

03-6336-5328

井荻鍼灸 整体 美容鍼 子連れ 妊産婦治療 完全個室の治療院をお探しなら井荻和芯堂鍼灸治療院へどうぞ!